本文へスキップ

富山市の不動産会社 任意売却・相続不動産の売却ならリーガルハウジングへ

予約制です。お問い合わせは076-461-4615

〒939-2251 富山県富山市下大久保1512番地

トップページ >> 賃貸借契約の基礎知識 >> お部屋を借りるために必要な費用

お部屋を借りるために必要な費用detail

お部屋を借りる際には、敷金や礼金・仲介手数料などのまとまったお金が必要になります。

 敷金 大家さんに預けておくお金のことです。普通は家賃の2〜3ヶ月分です。家賃の未払いや、退去時の修繕・清掃費が発生した際にその額を差し引かれて残りは返金されることがほとんどです。 修繕費は、年月がたって劣化したものなどについては大家負担になりますが、故意・過失で汚したり壊したりしたものについては、入居者が負担しなければならないので、お部屋はなるべくきれいに使いましょう。
敷金不要の物件もありますが、退去時に修繕・清掃費が発生することは、かわりませんので入居しやすくても、退去することができないケースもありますので気を付けましょう。
 礼金 お部屋を借りる人が、大家さんに対して支払うお金です。
契約時に1度だけ支払う必要があります。
1ヶ月〜2ヶ月分かかる場合が多いですが、近年では礼金不要の物件も増えています。 
仲介手数料 仲介してもらった不動産会社に支払う手数料です。
契約が成立して初めて支払うべきお金です。
宅建業法によって、上限が家賃の1ヶ月分+消費税と決められています。
 前家賃 通常、賃貸借契約は翌月分の家賃を前の月の末日までに支払う契約となっていますので、賃貸借契約の際に翌月分の家賃を支払う必要があります。 
 火災保険料 家財保障・借家人賠償保障・個人賠償保障がセットになっていることが多いです。
不動産会社との契約の際に火災保険も同時に契約する場合多いです。 
 保証会社の料金 保証会社を利用して賃貸借契約を行なう場合には、保証会社に対して料金を支払う必要があります。
料金は保証会社によって異なりますが、契約時に1ヶ月分の家賃の50%・その後、1年ごとに1万円〜2万円のケースが多いです。